HOMEひとりごと
 私の好きな音楽2008.2.8
★昨夜はヒレかつ膳をオッサンほど食べた。ごはん、キャベツ、お味噌汁もおかわりした。
  今朝は1キロ肥えていたが、今、焼きプリンとシュークリームを食べたところだ。
  そんな話はさておき・・・。

【自己の生命を宇宙に開き、その限りないエネルギーと妙なる律動を呼吸し、交流し、自身の内に顕現させながら、
  雄大な自身へと境涯を変革する・・・】

【果てしなき宇宙に向かって、自身のメッセージを送り、そして宇宙の“声”に耳を澄ませて、その返事を聞く・・・】

  この二つの言葉は、日本人と英国人の対談の中から見つけた。出合った時は本当にうれしかったし、感動した。
  一見、むずかしそうな言葉に思えるけど、私が気持ちよいと思う音楽って、多分、こんな言葉が♪になった感じ
  かなぁ。。って最近思う。

  人間の悲しさ、苦しさ、辛さも、よろこびや希望も、さりげなく一杯詰め込まれた音楽が、私はやっぱり好き!!

 ビオラ2008.2.2
★先週の誕生日に、PAの津村さんから【ビオラ】のCDをプレゼントして頂いた。
  去年の秋、クラシックのミニコンサートへ行った時、改めてビオラという楽器を好きになり、
  「おすすめのビオリストがいれば教えてください・・・」と、頼んでいたらしい。忙しくて、すっかり忘れていた。

  スペインとアルゼンチンの曲でまとめられていて、ピアノとのデュオになっている。
  先にライナーノーツを読まない主義なので、詳しいことは未だ知らないが、彼女のビオラが素晴らしい!
  なんとも気持ちいい!

  そしてこの出逢いが、偶然にも、私に未来へのかすかな夢を与えてくれた。
  私は歌手でもミュージシャンでもなく、一人の聴衆に過ぎないが、
  なんだか急に【この人のビオラのような歌】が歌いたくなってきた。

  【ビオラのような歌】って何?って聞かれても、説明不可能! でも、私の構想と欲望は膨らむばかり。。。

  好きな歌手&憧れている歌手が5人いる私だったが、その大御所たちを押しのけて、、、
  【ビオラさん】が急浮上してきた。

 2008年1月26日2008.1.30
★私のプライベートライブが終わった。半年間、深く静かに準備してきた。
  振り返ってみると、会場に足を運んで下さった友人達はもちろんのこと、
  その他に、たくさんの人達の励ましで成り立っていたライブだったと思う。

  シークレットライブなのに、私は、スタジオバンビのお客様に不安をもらしたことがあった。
  その度に、皆さんから、励ましや経験豊かなアドバイスを頂いた。
  北野のお兄さん。”longman."のお二人。のど飴を差し入れて下さった”三浦顕誉ユニット”のお二人。。
  山田さん、柴田さん、黄瀬さん、奥村さん、久保田さん、みちえさんはじめ、すべてのスタッフの皆さん。。
  浦先生。松田ドクター。草薙さん。片木さん。

  私につきあってくださった、ミュージシャンの内藤さん、萬さん、福田さん。
 
  そして、牽牛様に。。。     心から感謝しています。ありがとうございました。     織姫より  

 菅原さん2008.1.11
★京都府南部・八幡市の石清水八幡山に散歩に行った。神戸在住の山歩き好きの友人のリクエストで。
  私は、花や木の名前は何も知らないので、色々教えてもらって、案内者の私が案内してもらった。

  さらに、、、松花堂弁当の発祥の地、松花堂昭乗の茶室や庭園、最後に美術館にも立ち寄る・・・。
  そこで出会ってしまいました。菅原道真さんに・・・。"学問の・・”くらいの認識しかなかった人物。
  昭乗の親友・小堀遠州とはお知り合いになりたいとは思わないが、菅原道真さんのお友達になりたい!
      
      もし、過ぎゆく春の光に
           私の惜春の気持ちを知らせたならば
               今宵限りの一夜の宿を
                   春は私のもとで過ごすだろう      菅家文草 第五
  
  元は漢詩なのだが、この訳者もスゴイと思う! 二人とも友達になりたい!!!  

 シェ モア2008.1.9
★ちょっと一服・・する時は、お気に入りのマイルームでくつろぐ。
  高価ではないが分身のような家具達とグリーン達。あちこちには、あかくてくらい間接照明がある。
  
  大昔、デザイン室で廃棄処分寸前のところを私に拾われた”ELLE JAPON”等の雑誌類は、今、宝物だ。
  最近の、身も心も薄っぺらい雑誌・本は捨てるし、まず家に入れない。
  昭和時代の中身の濃い雑誌達は、もう容易に手に出来ない。
  昔の若者って大人だったなぁ。。コピーライターも頑張ってたし。。スチリストのセンスもよかった。。
  
  コーヒーをすすりながらのペラペラは、まさに至福の時。

  おまけに、今日は、見つけてしまったのだ! 棚の片隅から・・”BLUE NOTE history"という音源を・・。
  あぁ〜、もう最高!!! 

 世の中は新年2008.1.1
★隣の棟の屋上に停まっていたカラスが、地面めがけてダイビングした。
  足で蹴って、そのまま脱力して、真下へ落ちた。
  地面すれすれで横へ飛んでいったから、とても楽しそうだった。

  私はというと・・・ゆうべからの悩みが解決出来ずに2008年になってしまった。
  朝5時半になっても眠れなかったので、ゴソゴソと本を探し出してきて、【寝つきをよくするツボ】を
  確認して、押さえていたら昼になっていた。
  だから、「年越しニシンそば」の材料はテーブルに置かれたままだ。
  今日は、「年越したニシンそば」を食べておこう。

  さっきのカラスが戻ってきている。気になって目が離せない。早く飛んでクレ〜!

 2007.12.30
  泣いて、泣いて、泣きぬれて、、、
  今日が終わろうとしている。

  宇治大橋のいつものカラス
  カラスには、年末も年始もないのだろう
  いつも、同じところに、一羽のカラス

  去年も、おととしも、年越しはライブハウスだった
  明日は私ひとりのカウントダウンライブ

  少し、乗り越えられたかもしれない。。。

 夢の乱入者 その2  スティング2007.12.28
★借りたVHSに、スティングの '91.10.2 ロスでのスーパーコンサートが途中から乱入していた。
  もう、これはお得ビデオです。北野のお兄さん!ありがとう!
  スティングという名前は知っていたが、人の名前かバンド名かは知らなかった。その程度の私だ。
  ベースという楽器の存在を知ったのも4年前だ。あの形をしたものは全部ギターだと思っていた。
  
  16年前のスティングって、何才なんでしょう? ほどよい筋肉。短い髪の毛。長いまつげ。
  この存在感は、コーカソイド系ではカッコイイほうだと思ってた“スタンドバイミー”の時のリバーフェニックス以来、2人目だ。

       ♪見つめていたい・・・君には見えないかい。
                       ぼくは君がやることを全て見つめているよ・・・

  この曲は何度か聴いたことがある。そういえば、いつだったか、CDを聴いていて
  『この10トラック目の曲が、すごく好き!』と言ったら、
  『これはスティングのフラジャイルという曲のカバーです。』
  と、内藤さんから教えてもらったことがあった。

  スーパーコンサートのアンコール曲は・・・♪フラジャイル・・・だった。
  心に沁みてくる。    

 夢の乱入者2007.12.24
★〈What's〉のGu.北野のお兄さんが、17年くらい前の関西TV収録VHSを貸してくださった。
  私にも、うすい記憶はあったが、なにせ音楽というものは聞き流すものでしかなかったので、
  それはそれで良かったのだが・・・ここで改めて真剣に取り組んで? 見て、聴いて見ることにした。

  素晴らしい! 楽しい! おもしろい! スゴイなぁ! 

  渡辺香津美さんのギターは、CDで聴いていたが、それにしても美しい! 清浄感を感じる。
  東原力哉さんのドラムは、一生懸命?に思えて、そのひたむきさに隠された何かを感じる。
  清水 興さんのベースは、、というより、一緒に歌いながらBa.ひいてて、目茶苦茶カッコいい!
  キーボードさんの名前は忘れました。すみません。

  特に、毎回、ゲストミュージシャンとの打ち合わせ場面が、スポットで2秒間ずつはさまるときがあって、
  すごく興味がわいてくる。

  ちゃんとしたミュージシャン達って、なんてかっこいいんやろぅ!!!

 年末年始 その32007.12.22
★AIR MAIL・・先日はロスからだった。今日はニューヨーク在住の友人から届いていた。

  「Hope the holidays bring all your favorite things!」

  ほんとに今年は、なぜかこういった言葉が身にしみる。
  「・・・ブリング オール マイ フェイバリット・・・」・・・か。・・・ナンだろうかなぁ?」

  〈・・又、NYへいらっしゃる機会もありますか? やはり音楽の都です。是非いらして下さい。・・〉
  私はNYという街が好きだ。違和感が全くなかった。でも食べ物はインドネシアの方が好きだ!!
  関係ないか・・・。もう一度、これらの言葉を有り難くかみしめてみようと思う。

 年末年始 その22007.12.19
★昨日は・・・大きらいな【年末年始】がやってきた。
          どうやって過ごそうかな〜。・・・と思いながら、帰宅。
  郵便受けに航空便がある。アメリカの知人からだった。

  「Wishing you a Wonderful Holiday Season and Happy New Year」

  おそらく4〜5日前の投函でしょうが、見事なタイミング。常套句。決まり文句。でも、ゆうべだけは心に響いた。
  「・・・ワンダフル ホリデイ シーズン・・・」 
  
  ちょっとだけ、前向きに受け入れてみるとするか・・・ナ?  

 年末年始2007.12.17
★大きらいな【年末年始】がやってきた。
  どうやって過ごそうかな〜。

  最近の日本は、あまり大晦日らしくないし、お正月らしくないと思う。
  子供の頃の1年最後の日は、夜7時までにお風呂に入って、新しい下着に手を通した。
  昨今は、いつでも店は開いてるし、食べ物も手に入るし、服も特別に新調しないようだし・・。

  1度だけ、年末年始をフランスで過ごしたことがあった。
  大晦日の夜は、「ボナネ!」「ボナネ!」と、見知らぬ人達と挨拶をかわし、
  お正月は、焼き栗をむきながら、シャンゼリゼ大通りを歩いた。
  なんにも無かったけど気分はよかった。異国の異文化だからか? 若かったからか?
 
  地球が太陽を1周するのって速いな〜って思う、このごろです。 

 ノンスタイル2007.12.9
★演芸や漫才が特に好きというわけではない。TVもそれほどは見ないほうだ。でも・・
  <ノンスタイル>の、石田 明(白)は好きだ。

  昨夜、たまたまNHKテレビを見ていたら、【演芸大賞】を決めていた。
  「どこのユニットも迫力が無いな〜。なんでコントばっかり? 絵文字・記号メールを受信した感じ。
  そうか、漫才大賞じゃないのか・・。ブツブツ・・。」
 
  明日早いし、眠い。でも、ここまで付き合ったら【大賞】が気になる。
  最近、<ジャルジャル>も、ヘンやしなぁ。。ということで頑張ることにした。

  やっぱり。道がついていた。頑張って起きていなければならなかった理由が。
  審査の間、<ノンスタイル>登場! そうだったの・・。昨年ここで【大賞】とったの・・。
  会えてよかった〜。 

 私の双璧CD & 贈り物!!!2007.12.2
★この季節になると、何故かリンキンパークが聴きたくなる。公演には行かないが。。
 雪の高速道路・真冬の青空には、【ハイブリッドセオリー】がよく似合う。
 リミックスバージョンは嫌いなので、コレばっかり聴いている。
  
 マッドベインの【LD50】と同じくらい、よく聴いた。
  
 そういえば、おまけで、ステインドも時々は聴いてみたくなる。
 ずいぶん前の曲なのに、今聴いても気持ちよい。懐かしがってるだけかなぁ。
 多分、新しい名曲を知らないだけでしょうねぇ。。。

★ひとりごとを言ってたら、<お京阪ズ+JR関が原駅>のキーボーディスト長尾さんから、思いがけない贈り物を戴いた。
 「今年は練習にあんまり来られへんかったナァ。」と言いながら、あのこと、ちゃんと覚えていて下さったのですね。
 うれしかったです。有り難うございました。

 シンガー、singer2007.11.26
★ロバータ・ガンバリーニ。彼女には、酔わされ、癒され、励まされ、魅せられたままだ。
 「時の人」には関心がないため、来日公演は知らなかった。このイタリア人のEnglishは私好みだ。
 
『彼ら(B.カーター、D.ガレスビー等、交流ミュージシャン)が素晴らしいのは、昨日より今日、今日より明日は
 もっとよい演奏をしたいと、努力を惜しまないことなの。私も、明日は、今より深く聴き手の心に伝わる歌を
 歌いたいと願っています。ガンバリ、、マス。』

こんなに〈ひととなりの匂うシンガー〉もめずらしいと思う。

 HP新装開店2007.11.18
★スタジオバンビのホームページが新しくなった。
 4年半お世話になったH.Pでした。DATAが消えてしまったり、色々ありましたねぇ。
 これからも何が起きるかわかりません。

最近の私、振り返ってみると変わってきたかもなぁ、、、って思う。
 こう見えても何かあるたびアタフタすることが多かった。今も毎日何かが起きる事には変わりない。
 一つ解決しそうな頃に又次の問題が発覚する。いつも並列に抱えている。
 
しかーし、ハラをすえて取り組むことにした。生きている以上、何か起きる。
 わからないことだらけのワタクシです。専門家が周りにたくさんいてくれます。
 眠れない時は周りの人にアドバイスももらう。地球に抱かれて寝ています。
 セッカチな私ですが、「勇気を出して待つ」ということも取り入れている昨今です。

 11月15日(木)2007.11.15
★11月15日(木)マンモグラフィ。乳がん検査の方法。
先日、生まれて初めて体験してきた。巨大ペンチではさまれるような感覚だ。冷たくてちょっと痛い。医学も日進月歩。ついこのあいだまでは触診だけだったのに・・・。
 昔、ある外科医とお知り合いになった時、「僕が診てあげましょうか?」と言われたことがある。その時、乳がんは外科医の担当なのか・・・と初めて知った。
 Y先生。素敵な素晴らしいお医者様でした。お元気にされているのでしょうか?
 K夫人は今もクラシック音楽を愛されているのでしょうか。。。

 10月29日(月)2007.10.29
★10月29日(月)窓の外の【南京はぜ】の木が紅く色づきはじめた。テーブルの上のピンク色の【トルコキキョウ】は花の盛りが終わってしまっている。季節の移ろい。無常。。。
 それでも人間は食べねばならない。冷蔵庫の中には、レタス、レッドオニオン、キウリ、大根、きぬごし豆腐、豚肉・・・。”ピカーッ!”。コレで決まり!野菜をスライスし、豆腐をサイコロに切り、豚しゃぶをしめて、大根をおろして、ポン酢かけ。そして大好き麦入りご飯。食事時のお茶が欠かせなかった私なのに最近はお茶でなく、アルカリイオン水で食事するようになっている。これがなんともおいしくていい感じ。私の特技<3分間クッキング>でした。

 10月18日(木)2007.10.18
★10月18日(木)スタジオバンビをご利用頂いている“U”というユニットの澤田 拓さん(Vo.&Gt.)と、森 類樹さん(Gt.)からCDを戴いた。なかなか気持ちのよい音楽だ。どこかで聴いたことのある声のような気もするがファルセットも素敵だ。こうなると他の曲も聴いてみたくなる。
 私の個人的好みは少人数で目一杯頑張る〜っていう組み合わせ! 二人のGt.デュオと3ピースのロックバンドが好き! ジャズなら3人か4人。それ以上の人数になると余程気持ちよくないと聴くのが難しい。すごい偏見。きっと損している。

 10月2日(火)2007.10.13
★昨夜も寝付けなかった。睡眠不足。仕事しながら深夜テレビを見て泣いていた。62年前の戦争でニューギニアへ行かされ、1割の300人(315人だったかも)しか日本に戻って来られなかった。それも病死と餓死で多くのかけがえの無い若い命が虫けら以下の扱いを受けて奪われた。戦争の話は父もあまり話したがらなかった。長い沈黙を経て勇気を出して話し始められた方もおられる。今、たくさんの若者と接する機会がある中で改めて色々な事を思った。
 さて、寝不足の通勤・・・国道1号線。目が覚めた!!私の大好きな大型トレーラーを、どういうわけか今朝は4台も見ることができてラッキー!一番かっこいいと思う仕事は超超大型トレーラーの運転手。そんな簡単には出会えません。

 9月23日(日)2007.10.13
★「1ヶ月に2回?少ない★ひとりごとやなぁ」と田口さんに言われた。
そんなはずはない。私はいつもしょーもない独り言をゆうてる。というより私は子供の頃から変わっていたらしい。「常識のない子じゃ!」ということで、今は亡き父がとても心配して、私だけ【毎日小学生新聞】を読まされていた。戦後の混乱期にだ。(ちょっといいすぎ?)でも全く常識豊かにはならなかった。変な子のままこんなに成長してしまった。無駄金だった。
 クラシックバレエのようなものを習っていたからか【バレエシューズ】という分厚い単行本も父からプレゼントされた。表紙の裏には何ゆえか『苦しみのあとに喜びが生まれる。ベートーベン』という格言があった。
 その父は私に麻雀を教えた。父の象牙の麻雀パイは我が家の文化の一つだった。父親から教わったのが麻雀なんておかしいでしょう!「常識のない親じゃ!」・・・私の趣味は、新聞の切り抜き。私の息抜きは、5分で勝負のつく麻雀。セッカチな私にぴったり!・・・幼少時の文化は善くも悪くもその楽しい人生の土台をつくる。

 9月4日(火)2007.10.13
★ライブに出かけるようになって3年。出会ったピアニストのなかで私のお気に入りはなんと5人。自分のその時の気分でCDを替えて聴いている。
 大石学さんは、優等生的で頼れて力強いところもある。
 木畑晴哉さんは、私がとても悲しくて辛い時に一緒に同苦してくれる。そして切なげで華麗な音色で励ましてくれる。。。
 いつまでたっても名前が覚えられない、、マサコさん(ゴメンナサイ)・・はファンタスティックでミステリアスでダイナミック。
 そして生田幸子さん。私の欲しいところが何でわかるの?と聞きたい。でも説明なんかは要りません。もー、たまらないです。
 最後に福田秀明! 2年前の彼より今が好き。若いけど、会社員もしてるけど、彼が醸し出す音楽世界がとても好き。
ピアニストの皆さん、勝手なこと言ってすみません。

 8月20日(月)2007.10.13
★あ〜〜ショック! やっぱり道がついてる。
20年振りに勇気を出して昔よくかよった隣町の食堂で遅い昼食をとった。懐かしい。サカイマサアキも年とったがそのままで見事! 種類も多いし美味しい。何より店内レイアウトがそのままで清潔。美味しいお味噌汁の時には、行儀悪いけど猫飯でしめさせてもらう。高校野球を横目に夕刊を手に取る。オッサンか?私は・・・。いやいや、勧誘に来て、契約取って、4ヶ月も配達してないそこの〜新聞!!知らんよ!発行部数減っても!抜けてるヨ! というわけで久し振りの夕刊。
 大大大ショック!!!山口小夜子さんが死んだ? 私の憧れのモデルさん。彼女は東京のドレスメーカー女学院を出て、ケンゾーのマヌカンから世界のトップモデルに。私は・・・京都のドレスメーカー女学院を出てアパレル関係へ就職。今の半分くらいにスレンダーだった私は、小夜子さんを真似してた。長めのおかっぱ、レブロンの濃い化粧・・・。憧れだった。山口小夜子さん。合掌。

 8月14日(火)2007.10.13
★今日の京都の空と山は素晴らしい! 北西と南東がすごい! 何かを訴えかけられてる感じがする。昨日の夕方の北西もすごかった。涙があふれて止まらなくて困った。目にワイパーがほしい。危ない。そんな時、私の体の中が音楽で一杯になる。雲と山と光と音楽は、私にとって同じもの。。。お盆休みの高速道路は渋滞中・・・大変やな〜。雲に乗って地球を見てみると面白そう。料金所(甘くないお菓子)に群がるアリの行列に見えるかもしれないし・・・。

 8月8日(水)2007.10.13
★軽井沢へ避暑に行ってきたが今年は少し暑かった。それでもやっぱり木陰はひんやりと気持ちがよかったし、人がいない新スポットも見つけられたので収穫は大きかった。何がおいしいって朝取りとうもろこしの甘くておいしいこと!!!浅間山も見ているだけで気持ちいい。京都盆地を囲む山々や、私の大好きな兵庫丹波地方の稜線も絶景やけど、また全然違う。山ってこんなに違うものなんやなぁ。お気に入りの喫茶店へは今回寄れへんかったけど次回の楽しみにとっておこう。
 東から西へ車を走らせると、だんだん暑くなっていくのが如実にわかる。これも蒸し暑い京都の日常生活に戻るには必要で重要な準備なのですね。。。

 7月24日(火)2007.10.13
★通販で購入し、1ヶ月ねかせておいたCD。今日封を切った。”ちあきなおみ”ベストコレクション全166曲。ほとんどがカバーバージョン。本当に大枚はたいて買った。でもそれ以上の価値がある。
 アレ? この歌「横顔」というタイトル・・・私の大好きなスタンダードナンバーの「ザットオールドフィーリング」??? なんというアレンジ、歌唱、見事!です。サックス・ベース・ピアノ・ギターそしてドラム。。。何だかハーモニーが新鮮だ。本当に音楽してる。この10枚のCDは私の部屋専用にしておこう。この人の歌は宇宙に届いている感じがする。届いてる。もうライブは観られないのだろうなぁ。

 7月20日(金)2007.10.13
★♪ハラヘッタネ〜♪が解明した。あのあと韓国語が解る人を探しまくって、ついに韓国語を教えている人に聞いてもらえることになった。♪〜しなさいと言ったね♪という意味らしい。そうなると、〜〈ホニャララ〉が知りたくなってきた。きりがない。その韓国ブルースの意味を知って覚えて歌いたいところだ。今はドラマの結末もわかったので安心してリピートして台詞をかみしめている。。ということはハマってしまったのか?? イヤイヤ、このドラマだけにしておこう。ドラマに何回も出てきた石焼きビビンバ。PAさんに頼んで食べに連れていってもらった。初めて食べた。あんまりおいしくなかった。それにしても・・・あんな刑事、どっかにいないかな〜。ハンサム苦手な私には丁度いい。失礼か? イヤ、かわいくてステキな男だ。

 7月4日(水)2007.10.13
★私の神経がリラックスするようにと、ある方から韓国のドラマを見るようにアドバイスされた。私は流行っている時には関心を示さない性質で、ヨン様?も知らないし、M.ジャクソンなんか’97からのCDコレクターだし、♪スリラ〜なんか後で知った。さて、希望のストーリーと男の顔の好みから1本のダビングビデオを選んでもらったが、細切れに引っ張る引っ張る。せりふも多くて「そこに来るまでに分かるやろ?足音で!」とかツッコミを入れてしまう。私の秘蔵ミステリー《検死医マッカラム》とは両極端だ。それでも続きが気になって寝られず、主人公の刑事がまたイイ男なんでダメダコリャ。韓ドラはこれ一本で終わりにしておこう。交感神経が休まらず逆効果だった。セッカチな私には向いてない。でも時々流れる演歌のようなブルースのような挿入歌がイイ。どうしても「♪・・・ハラヘッタネ〜・・」と聞こえるところがあって、お腹もすいてくるし頭も冴えるし、やっぱりダメです。。。

 6月7日(木)2007.10.13
★昨夜は目が疲れて最悪だったので、すぐに眠れるだろうと思ったが「羊が・・・」でも眠れずラジオのスイッチに手がのびる。
 こんな時は私を覚醒させる何かがラジオから飛び出す予感もあったが、あえて断行。「あ〜〜!やっぱり!!ナンジャコレー!!!」。寝るのをあきらめよう。真夜中のトランペットほど私をその気にさせる楽器はないのだ。リー・モーガンだった。ソニー・クラーク、ダグ・ワトキンス、アート・テイラー。目がランラン。若くして死んだミュージシャン達! ソニー・クラークなんかリーダーバンドでなくってもあの存在感なのだ。リー・モーガンとはお似合いだ。。。おかしげで、かわいげで、はかなげな男のトランペット。やっぱり真夜中に聴いたらダメやなぁ〜。

 6月6日(水)2007.10.13
★音楽を楽しみに大枚はたいて買った仏映画のDVD。仕事が一段落したところで観てみることにした。メカオンチなのでモタモタしているうちに映画が始まってしまった。えらいこっちゃ、字幕が英語や。「まっいいか」。仏語も英語も得意ではないが戻れない。耳で仏語を聞き、目で映像と字幕を追いかけ・・・2時間が経ってしまった。字幕の英語は簡潔だったし、「英語ではこう言うのか、、、」と感心したりしながら終わってみれば内容が90%くらい解ったような気になっていた。〈英語でみナイト!〉な夜は勉強になりましたとさ。でも聴きたかった音楽がちょっぴりだったのがすごく残念! こんなに目が疲れたのも久しぶりやわ。

P1 P2 P3 P4 P5 P6 P7 P8 P9 P10 P11 P12 P13 P14 P15 P16
[編集]
CGI-design